うつ病やメンタル不調など心の病気を抱える人が増えています。うつ病は本人や家族、会社や職場にもダメージを与えます。当サイトを心の健康維持にお役立てください。

産後うつ病(産褥期うつ病)

出産後、一定期間がたってうつ病に似た症状になる人がいます。
産後うつ病またはマタニティーブルーの可能性があります。

産後うつ病とは何か?

産後うつ病とは、出産後1~2週間から数ケ月の間に発症するうつ病のことです。
産後うつ病または産褥期うつ病(さんじょくき)と言います。

マタニティーブルーは、産後うつ病と混同されることが多いのですが、マタニティーブルーと産後うつ病とは別のものです。

産後うつ病の症状

産後うつ病の症状として、次のようなものが有ります。
これらは典型的なうつ病の症状と変わりません。
・抑うつ気分
・不眠
・不安
・いらいら
・意欲の低下
・思考力・集中力の低下
・悲観的になる

この他に、産後うつ病には次のような症状が有ります。
・赤ちゃんを育てていく自信がない
・子供に愛情が感じられず罪悪感を抱く
・自分の子供に無関心になる
・自責の念を抱く

家族のサポートが必要です

出産は心身ともに女性にとっての大仕事です。
精神的には、今後の子育てに関する不安が非常に強くなる人もいます。
肉体的には、妊娠中は胎児を育てるために分泌された女性ホルモンが少なくなるなど、ホルモンのバランスが急激に変化することがあげられます。

産後うつ病は母子関係に悪影響を及ぼして子供の心身の発達を遅らせることにもなりかねません。
また、産後うつ病で最も注意が必要なのは、自ら命を絶ってしまうことです。
赤ちゃんを道連れにしてしまうことも有るので早期に適切な治療を受ける必要があります。

心身の負担が軽くなるよう、家事や育児の面で家族のサポートが欠かせません。