うつ病やメンタル不調など心の病気を抱える人が増えています。うつ病は本人や家族、会社や職場にもダメージを与えます。当サイトを心の健康維持にお役立てください。

うつ病 4つのタイプ

うつ病と言っても症状は人それぞれで、全ての患者が共通した症状ではありません。

うつ病には、
・抑うつ症状が強いタイプ、
・不安やアセリが強いタイプ、
・思考力など脳の機能が低下するタイプ、
・身体症状が目立つタイプ
などがあります。

うつ病、代表的な4つの症状

うつ病には、代表的な4つの症状
1)抑うつ症状
2)抑制症状
3)不安・焦燥
4)身体症状
の内、どれが強く現れているかによって、一般的に下記の4タイプに分類され、診断や治療の手がかりとされています。

定型うつ病

上記4つの症状、1)抑うつ症状、2)抑制症状、3)不安・焦燥、4)身体症状 がほぼ均等にあらわれ、もっともうつ病らしい定型のパターンであることから「定型うつ病」と呼ばれています。

抑制型うつ病

4つの症状の内、特に 2)抑制症状 が強くあらわれて、思考力や記憶力など脳の機能が抑制され、低下します。

激越型うつ病

4つの症状の内、特に 3)不安・焦燥 が強くあらわれて、強い不安を感じたり、焦燥感を抱いたりする症状で、神経症に近く身体症状はあまり現れません。

仮面うつ病

4つの症状の内、4)身体症状 が強く、頭痛、下痢など身体症状が前面に現れて、精神面の症状がその影に隠れているうつ病です。